前へ
次へ

何度も繰り返す下痢を鍼灸治療で解決

食中毒を発症したわけでもないのに下痢を繰り返してしまい、これは大腸の状態が不安定になっている可能性もあると考えて、鍼灸治療を頼る事で症状の解決を目指しました。神経が不安定な状態になっている事で、大腸が過剰に反応して下痢を起こしている事が分かり、鍼灸治療を活用する事で神経を落ち着かせています。温熱療法などは特に魅力的な施術だと思えており、横になりながら体の一部を温めているだけで、神経がリラックスするところが便利です。こちらは体を動かす必要もなくて、ベッドの上で横になっているだけでいいので、疲れている時にも最適な施術だと思えました。お腹のマッサージなども受ける事ができて、整腸作用のある施術を繰り返しているだけでも、下痢の回数が大幅に減った事に安心しています。お灸を使って腹部の体温を安定させる施術も効果的で、熱が原因で皮膚が火傷する事もありませんし、手足の冷えなども同時に改善できるところも魅力の一つです。

Page Top