前へ
次へ

裁縫針や注射針とは一線を引く鍼灸治療のはり

裁縫をする時に使う針は縫物をしている際に、うっかり手や指に刺したら些細なことでも痛いです。そのイメージがあることから、鍼灸治療は痛みが強いのではないかと想像をする人は少なくありません。鍼灸治療自体には関心があるのだけれども、皮膚に直接さす鍼の痛みが強いなら、多くの人はやっぱりやめておこうと考えます。西洋医学が身近な現代人ですから、針を刺すといったら病院の注射針を想像するかもしれません。裁縫針同様に、医療機関で受ける予防接種や健康診断の時に採血の注射針は、それなりの痛みがあります。病院の場合は明らかに目的を持って庁舎を使いますが、心の準備をしておいてもやっぱり針を刺されるのが得意という人はまずいません。怖いとか恐怖心が先に立ちますし、痛いのは誰建て嫌です。こうした固定観念から離れることができないのが初心者ですが、鍼灸治療で採用をするのはこれらとは全く異なります。糸を通して布などを縫う際の針や、注射針のような太さも鋭さもありません。

Page Top