前へ
次へ

鍼灸治療の効果が高い理由、陰陽に通じる話

鍼灸治療は、東洋医学の一つであり、その歴史は2000年以上にもなります。東洋医学は、陰陽の法則を大切にしており、陰陽では陰の気と陽の気のバランスを大切にするのです。気は、目には見えませんが、人は暑くなれば汗をかき、寒くなれば熱を逃がさない生理反応を引き起こすでしょう。鍼灸治療は、バランスを整える働きによって、自然治癒を高める目的もあります。東洋医学の考えとして、病の多くがバランスが崩れる中で引き起こされると考えられているのです。そのため、鍼灸治療は、様々な病を回復させる効果も期待ができ、慢性的な病気を抱えている人にも人気を集めています。従来は、民間療法として、科学的根拠がない話などもありました。1997年に、アメリカ国立衛生研究所が、有効性について表明し、世界規模で普及しているのです。スポーツ界では、怪我の回復を早める効果が期待できるとして、多くの方が鍼灸治療を利用しています。陰陽の話は、光と影で理解すれば分かりやすく、現実世界に多く溢れている内容でもあるでしょう。

Page Top